No Marisa, No Life.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンタインデー直前だけどローション撮ってた



すっかり部屋撮りで落ち着いているEntoです。
ストレスの発散が追いついていなかったため、無我夢中で我が娘を撮ることにお熱心です。
かわいい!
(ローションネタ終了)

今日の機材も以下の通り。
・Canon EOS 6D
・SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM

同じ体制で、ちょこちょこハンドパーツと撮る体制を変えてみているだけなので、基本は同じような写真になっています。






こちらはローションなしバージョンです。

そういえば、冬コミの写真集で指摘を受けて知ったのですが、
頭をフレームに収めなかったり、情報を中途半端にするのが好きな傾向があるそうです。

他人に自分の写真の癖を指摘されると「あ~なるほど~」となりますよね。
そういう意味では、自分の感覚に従順なんだと知らされます。

(基本的に三分割法に沿っているだけなのですが…)






縦に切ってみました。
ちょっと斜めに、被写界深度をあさ~くあさ~く…。






おててをおまたに挟んでみるなど。
しかしこのドレスのスカート、ふりふり具合がカワイイですねー。(*´Д`)






おててあげてみたり。
ん~ちょっと不自然だったですかね…?



以上です。
特にありません。撮りたかったから撮った。それだけだ。


えんじょいどーるらいふ!!!

スポンサーサイト

ちょっとコンセプトを軽く決めて撮影するなど



軽いコンセプトを決めて、それに向けて少しずつ撮影をすることをしてみました。
上記のコンセプトはカメラとドール
難しすぎると時間がかかるので、適当に、それらしく。

魔理沙ちゃんのヘッドにピントが合っていませんが、これはこれでいいかも。
という程度の気軽な気持ちで撮影しています。







上記のコンセプトは人とドール
こんな感じの写真、撮ったことなかったなーと思っていましたので、ちょいどよいです。



今回は軽い更新。
撮影機材は以下のとおり。
・Canon EOS 6D
・SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM


えんじょいどーるらいふ!

自分のベッドの上がドール撮影で使いやすい



布団の上って、睡眠と暖を取る以外にドールの撮影にも使いやすいです。
広い、何もない、布団のもふもふ感がイイ。

そんな感じで軽く撮影してました。
今回の撮影は
・Canon EOS 6D
SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM
です。

50mmの焦点距離って人間の見た感じと同じだと思います。(個人的な感覚なので保証なし)
視野は狭いですけどね。
なのでこのレンズを使うと、リアルな写真が撮れる気がします。
あ、ホワイトバランスは曇天設定でちょっと暖色気味。







自分が撮影をするときは、特に”気分”が大きく影響されています。
上の写真は「寄った感じがドキドキするかも…」とか、
下の写真は「全身入れるとセクシーになるかなぁ…」などなど。

特に制約を考えず、好き勝手取るのが楽です。






むにゅ口かわいいですわー…。
魔理沙ヘッドはいつ見ても可愛くて大好きです。





いつもの目線なし。
全体的にボヤボヤ。そんな感じが好き。(適当)







ここからは別件写真。
つらら工房のレジンアイ稼働キットをいろいろ試すためにじょ~まちゃんの家で実験などしています。



_MG_1815-20140209.jpg

_MG_1856-20140209.jpg

_MG_1863-20140209.jpg

_MG_1875-20140209.jpg

_MG_1886-20140209.jpg

_MG_1893-20140209.jpg

撮る環境で結構かわりますねー。
だいたい自分はフラッシュ1灯でライティングするので、光の当たり方は似たり寄ったりです。
そのため、環境で色の出方が変わってきます。

そんなことも面白いと思う。



_MG_1906-20140209.jpg

少女待機中…


まぁ宣伝なのですが、つらら工房レジンアイ稼働キット、3月2日のアイドールにて3000円予定だそうです。
気になる方は是非。
http://turarakoubou.blog.fc2.com/blog-entry-166.html

いつものお気軽撮影 (SIGMA24-105mm F4 DG OS HSMレビュー含め)


ちょっと挑発的な表情の魔理沙ちゃん…。



少しご報告が遅れていましたが、24-105mm F4 DG OS HSMを購入いたしました。
これで所持するSIGMAレンズは4本目です。

・SIGMA12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM
・SIGMA35mm F1.4 DG HSM
・SIGMA50mm F1.4 EX DG HSM
・SIGMA24-105mm F4 DG OS HSM ←NEW
・APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM ←使用頻度極低により売却済み

もうすぐカメラ歴2年目な私ですが、これを最後にカメラ関連の出費は落ち着いたと踏んでいます。
50mmのリニューアルが既に告知されていますが、現状のもので文句はありませんので購入は考えていません。

簡単な使用感だけ価格.comの項目から拝借して記載してみますね。




1.操作性 

単焦点上がりの身なので根拠がないかもしれませんが、ズームリングがとてもスムーズです。
スィー、スィーと滑るよう動きます。滑らかすぎず、硬すぎずバランスがいいです。
Canonの純正レンズと比べると、非常に扱いやすい印象です。
ピントをあわせるリングが若干狭いです。たまにズームと間違えます。



2.表現力 

私がSIGMAレンズを選ぶ理由がこれです。
「何がどう違うのか」はハッキリ言ってわかりません。MTFなんとかという数値もよくわかっていません。
ただ、自分の目と脳がこの表現が好きなんたと認識しているのです。
噂の通り、開放F4で撮影を行うと周辺減光が強く写ります。
これはこれで面白いので、良い意味で特徴的なレンズだと考えております。



3.携帯性 ☆☆☆

スペック表を見ていただければわかりますが、デカイ、重い。(800g)
携帯性には優れていないのは明白です。
ただ、デカイ、重いおかげでカメラ本体とのバランスが調度良く取れている印象です。
自分は「重さ」のステータスは優先順位でいうところの3番目程度なので大きな選択項目ではないと考えています。
所有欲としては申し分ないのではないでしょうか。
見た目も大好きです。



4.機能性 ☆☆

AFも悪く無いと思います。
…AF以外の機能性として評価できるところがわからないため、以上の採点になります。




5.満足度 

当初は購入することに非常に迷ったレンズでしたが、最終的に買ってよかったと満足する1本になりました。
単焦点しか使っていなかった人間だったので尚更な感想かもしれませんが、非常に便利に感じます。
おかげで写真のトリミングをすることが極端に減りました。

良い点を列挙してみますと、
 ・所有欲は高い(デザイン的な意味で)
 ・操作性も良い
 ・表現力は最新というだけあって確かによい(と思う)
 ・9万円弱で購入できる

気になる点を列挙してみますと、
 ・デカい重い
 ・82Φなのでレンズフィルターが高い

こんな感じですね。
価格.comに「純正F2.8 24-70を買うならSIGMA35mm単と24-105mmを買うと良いのでは」とありましたが、
この意見に同意です。
35mmで単焦点の面白みを、便利ズームで広角から圧縮効果まで一挙に楽しめます。

選択肢のヒトツとしてあるといいかもしれませんね。
「絶対買うべき!!!」とはいえませんが、機会があれば触ってみることをオススメします。
デカイ、重いが気になる人は止めたほうがいいです。本当に。


レビューは以上。





次は写真ですかね。
いつも通りのうちの子かわいい系ですが、
「ドール撮影するとこんな感じにできるのか」程度に見ていただければ幸いです。






Exposure 0.01 sec (1/100)・Aperture f/6.3 ・Focal Length 105 mm・ISO Speed 1000
105mmでちょっと煽りから。
このアングル、たまりませんなー。
「ちょっとーパンツ見てないでしょーね?」…的な。(*´ω`)



Exposure 0.01 sec (1/100)・Aperture f/4.0・Focal Length 68 mm・ISO Speed 400

F4のため、端の周辺減光(黒くなっているところ)が少し目立ちますね。
これがダメだという意見をお持ちの方もいるようですが、自分は好きです。



Exposure 0.01 sec (1/100)・Aperture f/4.0・Focal Length 105 mm・ISO Speed 800

こちらも開放F4。
105mmでいい圧縮具合とボケですね。(適当)
SIGMAレンズはボケがうるさい、とききますが悪くないと思いますけどねー…?



Exposure 0.01 sec (1/100)・Aperture f/4.0・Focal Length 105 mm・ISO Speed 800

45cm程度までよることができるので、この程度までアップで撮影できます。
軽いマクロ代わりとしても使えますね。
幅広くドールを撮影してあげることができます。








景色もこんな感じですね。省略します。




そんな感じです。撮影の幅が広がっていろいろチャレンジできそうな予感です。
ポートレートとかスナップに力を入れてみたかったので、良い機会に勉強してみます。

それでは。

該当の記事は見つかりませんでした。
Copyright © No Marisa, No Life. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。